2006年03月29日

アハ体験...小さな成功体験

日テレの「世界一受けたい授業」でおなじみの、
脳科学者 茂木健一郎先生

テレビを見ていてもついついムキになり、
ムキになればなるほど、
出題された画像の違いが見つけられず、
よけいに頭がかたくなっていったりして・・・。



本屋で、思わず買ってしまいました。

「脳の中の人生」
(著:茂木 建一郎)



いま流行の脳力開発の本かと思っていたら、
それどころではなく、もっと根本のところのお話しで、
うれしい驚き!
大切な「心」を生み出しているのが、
私たちの脳であるとするならば、
脳を考えるということは、すなわち、
「私たちの人生について考える」
ということを意味する。



たまたま、1週間ほど前から「編集術」について学び始めていて、
講座の中で、人は情報を探すときにフィルターをかけている
ということを学んだところだったので、

文中に、
生きていく中で、私たちはさまざまなことを体験し、
脳の中に記憶を積み重ねていく。
その中で、記憶を互いに照合し、関係づけ、整理していく。
このような「記憶の編集プロセス」を通して、私たちは、
自分自身の生き方について、世界のあり方について、
さまざまな新しい見方を獲得していく。
とあって、納得!!

講座の中でいう「フィルター」とは、
茂木先生のいう「記憶の編集プロセス」のことなのだろう。

講座の中で、同じ課題を出されても、
出てくる答えはまちまちで、本当に十人十色。
いままで積み重ねられてきた体験を元に
記憶は編集され、新たな情報として出力されるから。



今まで何気なくとっていた行動に、
どんな脳の働きがあったのか・・・

イチローの素振りは何をイメージするのか

人間は思いつきでものを言う

なぜファンタジーに魅了されるのか

三角ベースと透明ランナー

モーツァルトと長嶋茂雄のつくり方


などなど、アハ体験満喫な本でした。
posted by 葉 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 知りたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

チャレンジする勇気

昨年、人目があるのも忘れ、
号泣したコンサートがあった。

4つの季節の物語…最終楽章

フリーアナウンサーの渡辺祥子さんの朗読と、
チェロ&チェンバロがからみあい、
自分のココロの鎧がはがれおち、
体中の力が抜けていくような感覚がして、
涙を止められませんでした。


そのコンサートの中で朗読されたお話しのひとつがコレ。

『12の贈り物―世界でたったひとりの大切なあなたへ』
(シャーリーン・コスタンゾ:作、黒井健:訳・絵)


12の贈り物のひとつを紹介・・・
3番目の贈り物は「勇気」。
だれに対してもまっすぐにむきあい、
自分の思いを真剣に語る勇気。
おびえたり、くじけたりしそうなときでも、
信念をつらぬく勇気。
それたの勇気が、あなたにはそなわっているのです。
ためらわずに自分の信じた道を進むことができるように。

「よろこび」「才能」「愛」・・・
生まれついたとき、誕生を祝って贈られていた12のコト。
自分だけが自分を信じられていなかったかも。

自分が朗読を聴きながらなぜ泣いていたのか、
あの日も、
今でも、
理由はわからないけれど、
無垢な気持ちになれた気がしたコンサートでした。



うれしいことに、来る5月13日(土)!
渡辺祥子さんが、コンサートを開かれるそうです。

お話しと音楽でお贈りするリサイタル
Power of Life 〜心の翼を広げて〜
“生きる力”をテーマに、愛とスピリチュアルなエネルギーで
会場が溢れんばかりに満たされ、これからの時代に必要な多くの
気づきを受け取っていただける。。。
そんなプログラムをご用意し皆様のお越しをお待ちしています。
あなた自身の“生きる力”のヒントを見つけに来てください。


このコンサートは、1600名の会場!
こんなに大きな会場で開催するのは初の試みだそうです。
朗読と音楽のコラボレーションや、地域イベントとのジョイント、
そして今回は通常の会場の規模にとどまることのない、
彼女のチャレンジし続ける姿勢にあこがれます。

そんな彼女が企画したコンサートにいったとき、
自分にどんな感情がうずまくのか、
今から楽しみです。
posted by 葉 at 01:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 見つけたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

生きるということ

以前、TVドラマ「金八先生」の中で、
ドラッグ中毒になってしまった生徒を抱きしめ、
泣きながら、金八先生が話しかけていたシーンがありました。

禁断症状でうつろな目の生徒、
あばれた後の荒れた教室、
おびえながらもクラスメートを心配する生徒達、
しずけさ、
悲しさを押しころしながらトツトツと話す金八先生。

あまりに胸が痛くて涙が止まらなかったのを覚えています。


このときの金八先生のコトバが、
「詩」だったと最近知りました。

それは、谷川俊太郎さんの「生きる」。

生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木もれ陽がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと

・・・

母が亡くなってから、
生きるということ、
母と子のつながり、
親から子へ、
というキーワードにとても心が動かされます。


そして、この谷川俊太郎さんの詩ものっている
とてもあたたかい本をみつけました。

「親から子へ伝えたい17の詩」

17ものうつくしく、鋭く、あたたかい詩たちです。
金子みすずさんや、オグ・マンディーノさんなど、
どれも子どもだけでなく、大人こそ必要としている詩だと思います。

心にとまるコトバがたくさんあります。
例えば・・・

分かち合うことを教えれば、
子どもは、思いやりを学ぶ

つよいのは もろい
もろいのが つよい

書かれた文字だけが本でははい。
日の光、星の輝き、鳥の声、
かわの音だって、本なのだ。

正直で率直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
それでもなお、正直で率直なあなたでいなさい。

自然の偉大さに 日々 感動していたい

みんなちがって、みんないい。

自分をありのままに愛してみたら
ふりかえることが できるようになった。


それぞれ、詩のほんの一節だけなのに、
とても胸にひびきます。

ふとしたときに開きたい本が、また1冊増えました。
posted by 葉 at 02:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 知りたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またはじめよう

ふと気がつくと、
ブログを更新しないこと、早1年半。

いろんなことがありました。

でも、
だから、
また、はじめます。
posted by 葉 at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。