2006年03月27日

チャレンジする勇気

昨年、人目があるのも忘れ、
号泣したコンサートがあった。

4つの季節の物語…最終楽章

フリーアナウンサーの渡辺祥子さんの朗読と、
チェロ&チェンバロがからみあい、
自分のココロの鎧がはがれおち、
体中の力が抜けていくような感覚がして、
涙を止められませんでした。


そのコンサートの中で朗読されたお話しのひとつがコレ。

『12の贈り物―世界でたったひとりの大切なあなたへ』
(シャーリーン・コスタンゾ:作、黒井健:訳・絵)


12の贈り物のひとつを紹介・・・
3番目の贈り物は「勇気」。
だれに対してもまっすぐにむきあい、
自分の思いを真剣に語る勇気。
おびえたり、くじけたりしそうなときでも、
信念をつらぬく勇気。
それたの勇気が、あなたにはそなわっているのです。
ためらわずに自分の信じた道を進むことができるように。

「よろこび」「才能」「愛」・・・
生まれついたとき、誕生を祝って贈られていた12のコト。
自分だけが自分を信じられていなかったかも。

自分が朗読を聴きながらなぜ泣いていたのか、
あの日も、
今でも、
理由はわからないけれど、
無垢な気持ちになれた気がしたコンサートでした。



うれしいことに、来る5月13日(土)!
渡辺祥子さんが、コンサートを開かれるそうです。

お話しと音楽でお贈りするリサイタル
Power of Life 〜心の翼を広げて〜
“生きる力”をテーマに、愛とスピリチュアルなエネルギーで
会場が溢れんばかりに満たされ、これからの時代に必要な多くの
気づきを受け取っていただける。。。
そんなプログラムをご用意し皆様のお越しをお待ちしています。
あなた自身の“生きる力”のヒントを見つけに来てください。


このコンサートは、1600名の会場!
こんなに大きな会場で開催するのは初の試みだそうです。
朗読と音楽のコラボレーションや、地域イベントとのジョイント、
そして今回は通常の会場の規模にとどまることのない、
彼女のチャレンジし続ける姿勢にあこがれます。

そんな彼女が企画したコンサートにいったとき、
自分にどんな感情がうずまくのか、
今から楽しみです。
【関連する記事】
posted by 葉 at 01:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 見つけたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15546672

この記事へのトラックバック

「自分を信じてくれる仲間と飛んだ時、大いなる翼が現れる」
Excerpt: 「The Great Wing ??渡り鳥・雁のゴーマーの物語?? 」より 先頭を飛ぶものが、自分も仲間も信じ、 自分を信じてくれる仲間と飛んだ時、 心の中から‘Great Wing(大いな..
Weblog: 気になるコトバ
Tracked: 2006-09-28 12:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。