2004年07月27日

「グッドラック」の本づくり

私がブログをはじめる後押しをしてくれた本、

『Good Luck(グッド・ラック)』
アレックス・ロビラ/フェルナンド・トリアス・デ・ベス/著
田内志文/訳
(ポプラ社)¥1,000円


が日本で発売されるまでについて、
担当編集者の方が書かれた記事を見つけました。

どのジャンルで売り出すのか、
どんな装丁が向いているのか、
読む以外の仕掛け・・・

本に込められているメッセージ
「幸運は待つものではなく、自分でつくるもの」
をスタッフが共有して作り上げた想いが伝わってきます。


この記事は、「ほぼ日刊イトイ新聞」の「担当編集者は知っている。」の
コーナーにありました。


担当者が語る出版までのいきさつなどを読んで、
読みたい本がどっと増えてしまいました。
posted by 葉 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 知りたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。