2004年10月14日

超一流って、どんな人?

先日、六本木のビジネスホテルに泊まった。

六本木といえば・・・えとコミの事務所がある。
「そうだ、えとコミのゆきちゃん誘ってランチしてから、仙台帰ろう!」

ところが、事務所に行ったら、江藤さんが、
「1時からミーティングやるから出て!」
・・・って。

すでに12時半になろうとしている。

一体何をするんだろう?
外部の私が混じっていいんだろうか?
さそわれたんだからいいんだろうけど?
ワクワク!
ひやひや?


いろんなことを考えつつ、
外食する時間がないことだけはハッキリした。

六本木ランチの予定は、セブン・イレブン弁当にはやがわり。
まぁ、製造場所が横浜市だから良しとしよう。



ミーティングの席につくと、机の上には、小高い本の山、山、山。
30冊以上はつんである。

???

本棚にかたづけるのかなぁ。


ホワイトボードには、『超一流を目指す』の文字が。

言われたことをキッチリやるのが、二流。
一つ言われて十やれる人が、一流。
何も言われないのに十やる人が、超一流。


うーん。思ってもみなかった。
でも、仕事をやるからには、目指す目標がないとだらけちゃうのは
体感済み。なるほど。ウン。


そこで、集中力。
目の前のことを受け入れて、瞬時に切り替える力。
考えるスピードを超えると直感が働くとのこと。


それで、そのトレーニングとして、フォトリーディング
行うためのミーティングだったのだ。

フォトリーディングには興味がすこしあったから、
本は買ってあったのだけれど、実践できてなかったので、
良い機会に恵まれた。

『あなたもいままでの10倍速く本が読める
 常識を覆す速読術「フォトリーディング」』
 ポール・R.シーリィ/著、神田昌典/監訳
 (フォレスト出版) ¥1,365



良い機会だとわかっていながら、薄めの本に手をのばす私・・・
まだまだ、先はながいなぁ。

posted by 葉 at 05:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

よさこいってどんなの?

先週末、仙台で“みちのくYOSAKOIまつり”が開催された。

「よさこい」なるものがどんな踊りなのかわからないまま
連れて行かれた。
連れて行かれたというのは・・・


日曜の朝、7時に携帯電話が鳴った。
なんかあったのかなぁ、と寝ぼけまなこで電話をとると、

「これから、サービスエリアで朝ごはん食べるから、
 まもなく着くよ。よろしくね!」

そうだった。すっかり忘れて朝寝坊してしまったが、
今日は、田舎からよさこいに出場する身内が来るから、
案内役をするんだった!


家まで迎えにきてもらい、今日最初のステージになる
長町モールまで道案内。

10時15分が演舞時間なのに、チームの集合時間は、8時半!!
チームの名前は、“最北烈風隊
北海道稚内のメンバーを中心にした、秋田・山形合同チーム。
とおしであわせるのは、今日がはじめてとのこと。

ぞくぞくと集まるメンバー。
朱赤の斑点には、背中に「北」の筆文字が踊っている。
カッコイィー。
身びいきかな・・・。

熱の入った練習が1時間近く続いた。
最近運動不足の私は、みんな本番まで体力つづくのかなぁと、
ちょっと余計な心配。


いよいよ本番!10時。開演。

司会のおねえさんの説明では、みちのくよさこいのルールは2つ。

 ・鳴子を手に持っておどること
 ・曲のアレンジは自由。ただし、地元の民謡の一節を入れること

衣装も、振り付けも自由。
よさこい節じゃなくてよいところは、さすが、みちのく版。

いろんなチームがでてくる。

子供がメインのチーム
賞をとったことのある本気チーム
気持で踊る?!チーム
・・・
いよいよ、最北烈風隊!

文句なく、カッコイィー!

賞をとったことのあるチームが、
次の会場に移動する時間をさいてまで、見ている。
フフフフフ。
まるで、自分が注目されているような、気持ち良さ。


ラストにおどった一番町四丁目商店街では、
休憩なぢで、4回つづけざまにおどりながら、アーケードをねりあるく。
アーケードでは、観客と踊り手の一体感が気持ちよい。
みんなの笑顔が連鎖していった。

よさこい祭り


おどっているあいだ、手拍子をしまくって、
手のひらを腫らしたことは、いうまでもないです。ハイ。
posted by 葉 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 知りたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月30日

「はっぴぃ・はっぱ」・・・つづく

これが、わが家にやってきた、
「はっぴぃ・はっぱ」のはっぱちゃんです。

はっぱちゃん


この、はっぴぃ・はっぱ・プロジェクトは、
(先日の日記でも書きましたが)
里親さんが育ててくれた「カネノナルキ」を
ライブでもらって、

うれしいねー

では終わらないのです。


なんと、つづきが!


実は、はっぴぃ・はっぱの日記が準備されていて、
10月8日から公開スタートするんだそうです。

その名も
はっぴぃはっぱ、みんなのお家で。
 http://happyhappa.exblog.jp/

カネノナルキをもらって帰った人たちが、
写真を撮って、投稿する企画。


はっぱちゃんを手放した里親さんのことは、
なんにも知らないのに、
育ち具合が報告できちゃうなんて、
ステキ。


私の手元にきてくれた「はっぱちゃん」もこれから投稿しまーす。
posted by 葉 at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 育てたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

「はっぴぃ・はっぱ」に涙ぐんだ日

おとといの9月27日、朗読とチェロのライブに行ってきた。

朗 読:渡辺祥子さん
チェロ:丸山康雄さん

宮城県宮床出身の女流歌人・原阿佐緒(はらあさお)の生涯を主題として、
現代を生きている一人暮らしの女性とをオーバーラップした作品。

祥子さんの朗読が聴きたくて行った私としては、
『原阿佐緒』といわれても、
「そんな人がいたんだー」というレベル。

まさか、帰るときには胸いっぱいになってしまうなんて思いもしなかった。



ライブのスタートは、
現代を生きる女性のもとに届いた、田舎の母親からの手紙・・・。

  会社勤めで、親元を離れていたあの頃の自分と重なり、
  はじまったばかりだというのに、涙がこぼれそうになったけれど、
  ぐっとこらえた。

原阿佐緒は、とかくスキャンダラスに語られた。
妻子ある男性との恋から結婚へ、そして男性が堕落・・・ということが
あったから、結果からみると、そう判断されちだったのだろう。

でも、阿佐緒と親友の書簡からは、
彼女は男性に恋われて恋われて恋われて、
そんなに強く想ってくれるなら私を幸せにしてくれるに違いない
と、情にほだされてしまう、ながされやすい女性にしかみえない。

全てを捨ててついてきたのに・・・と絶望する阿佐緒。

現代女性もまた、恋われてつきあいはじめたのに、
だんだん、相手が冷たくなってくる。
いつのまにか、自分のほうが、恋しく、相手を待つ身になっている。


二人の女性が、悩みながら悩みながら、舞台は進む。

  どうしてそんなにガマンするの?
  どうしてそんな目に遭わなければいけないの?
  どうして・・・どうして・・・
  自分のことのように苦しくなってくる。

  朗読の合間に演奏される、低音の、まるで人の声のようなチェロが
  感情を増幅させていく。


物語の最後のほうの、阿佐緒のコトバ。

「何かとひきかえの愛よりも
 何にも変えられない愛がいい」

「誰かに求めている限り
 手に入らないものがある」

この女性は、一生をかけて、このコトバを見つけたのだろうか・・・。
彼女の生涯を通じてだからこそ、このコトバが私の感情を強く揺さぶるのだろう。



このライブは、卸町のはっぴぃ・はっぱプロジェクトとのリンクイベントだった。

そこで募集したボランティアの人が、育てたカネノナルキが会場で配られた。
里親が丹精込めてそだてた「はっぴぃ・はっぱ」が、
会場の誰かの手に渡って、その誰かの目を楽しませてくれる、という企画。

私の手にも、カネノナルキが渡された。

添えられていた里親の手紙・・・

「はっぱちゃんへ

 我家へ来た時は小さなはっぱちゃん
 でも今は元気なはっぱちゃん
     みんなに元気をアリガトウ」


ずーっとこらえていた感情があふれだし、涙がこぼれた。

私の幼い頃のニックネールは、「はっぱちゃん」。

なんだか、私自身に
「みんなに元気をアリガトウ」と言ってもらえたような気がした。
いままで頑張ってきたこと全てが報われたと思えた。


とても満ち足りた気分で会場を後にした。


「はっぴぃ・はっぱ」は、今は私の机の上にある。




posted by 葉 at 09:55| Comment(2) | TrackBack(0) | はじめたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

ブログ講習会

すっかりお休みしてしまいました(^_^;)
いつの間にか、9月下旬・・・


8月に入って、なんだか夏休み気分だなぁ〜

もうお盆で、いなかに帰ったら、ブログ更新は
できないだろうなぁ〜

8月末に、えとコミの「表現力のある文章の書き方講座」を
受講するから、それを習ってきてからのほうが、
文章もカッチョよくなってたりして〜

9月なっちゃったなぁ〜
どうしよっかなぁ〜

ブログ更新する時間あったら、仕事しなきゃ(-_-;)

などなど、言い訳と言うのは、流れるように生まれてくる
ものなのだなぁというのが実感。


でも再び復活!

なぜなら、9月28日(月)に、
仙台モーカル!オンラインショッププロジェクトにて
ブログ講座があるのです。
意思が弱い私は、こういうイベントがあるから、
波にのれるのかも。

仙台近郊の方々、この機会にぜひどうぞ。
締め切りは、明日26日までです。
お申込は、仙台モーカル!のサイトをご参照
ください。


サボリっぱなしの私のブログに、見に来ていてくださった
みなさま、ありがとうございます<(_ _)>

サボリまくっていた間に、読み漁った本を、また、
ご紹介していきますね。
posted by 葉 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月05日

Seesaaプレゼント。トラックバックで・・・

Seesaaプレゼントのブログがあります。
今日現在では、5件のプレゼントがのっていて、
その中のひとつに応募です。

『インターネットでお店やろうよ!
 失敗をバネに繁盛店へ!
 ショップ運営の逆転事例大研究』
 (アスキー)¥1,470


インターネットでお店やろうよ!のウェブサイトもありました。


プレゼントの方法がトラックバックというのは、企画としては、
面白いかも。ブログを書いている人が、どんなものに興味を
持っているのか応募した品物からみえてくるかも。

ただ・・・純粋に日記を読みに来てくれた人にはジャマな
記事なのかも。


そういえば、雑誌でみかけたのですが、

人の欲は限りがない。
「谷」が「欠けてる」のだから、底なしの谷。
つまり、いくら埋めても埋まらない。
だから、「足るを知る」ことが大切。

だそうです。
うーん、納得(^_^;)

posted by 葉 at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 欲し〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月03日

ネットショップのリアル出店

今週月曜日から1週間、私も参加している、
仙台モーカル!」メンバーのオンラインショップオーナー
有志15名が、リアルで販売をしています。

七夕イベントとして、8月2日(月)〜8日(日)の期間限定。

場所は、仙台地下鉄泉中央駅ビル「スウィング」で開催される
StarLight★Swing ワゴンマルシェ 2Fの特設会場。
営業時間は、11時〜19時まで。


通常はWeb上でのお付き合いが中心。
直接お客様とコミュニケーションしたり、
いろいろなご意見をいただきたいと考えてはじまった企画です。

販売だけでなく、実演や体験ワークショップ、占いや、
素敵な景品が当るクイズBOXなども開催。

お近くにお寄りの際は、
いえいえ、遠くても?!
ぜひ、遊びにいってくださいね!

なんでって、
普段会えないネットショップオーナーがいるので、
ホームページの顔写真やイラストが美化されているかどうか?!
確認できちゃうし、
各ショップが提供している、こだわりの商品やサービスへの
熱いおもいが、もうおなかいっぱいになるまで聞けちゃいます?!


今回出店しているは次の15店。

CICADA
 闇を感じる夜のための雑貨販売・キャンドルワークショップ

Style-up
 アロマ&リフレ雑貨の販売・裏ワザ☆アロマのワークショップ

カフェ・ロマン
 全自動コーヒーマシーンと生豆販売

すっくらっぷぶっきんぐ屋.com
 アルバム作りのホビークラフト
  スクラップブッキングの手作りキット販売&制作体験会

いー花やさん
 胡蝶蘭の育成キット販売、及びBフレッツ&フレッツADSLの普及PR

ハバナデー】愛犬のオーダー服&愛犬のお誕生日ケーキ

Lover's Angel】子供服の販売

プッペンハウス】ドイツ直輸入木製ベビートイ・知育玩具等の販売

工芸家具欅】仙台たんす&和雑貨販売

NFG】浄水や空気清浄の環境グッズ販売

エアープロポーザル】中国茶、健康器具の販売

アットシステム】ホームページ制作サービス

エコネット】初心者向けパソコン(中古)販売。(無料講習付き)

【みどり会農産加工】餅・団子等の販売

【エクスキューズ】天然塩、にがりの販売
posted by 葉 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月02日

お勧め書籍がいっぱいなのね・・・

えとコミのサイトで、
スタッフお勧め書籍」を発見。
それも、笑いがとまらないくらい、すんごくたくさん。

数えてみたら54冊。

そのうち・・・
既に読んだ本:6冊
買ったけどまだ読んでない本:6冊
注文中の本:1冊

もう、どんどん読んじゃいますよ〜。

今朝読んだのは、
『使えば儲かる!
 「売れるコトバ」と「買わせるセリフ」』
 船井総合研究所 井出聡/著
 (同文舘出版) ¥1,365


210種類の売れるコトバの8つのジャンル
 安さを引き立てる/行きやすさ/大衆心理/安心感/
 ターゲットを絞る/心をつかむ/商談の主導権をとる/
 決断をせまる

何がすごいって、この本の表紙裏のコトバが、
商品の価値をうまく伝えたい、値頃感をさらに
PRしたい、お客様を買う気にさせたい―
本書は、このようなご要望に100%お応えします。
では、お客様のココロにグッと迫って
パッと売るための、「買わせるセリフ」の数々を
ご紹介いたしましょう。
この本自体を買わせるセリフから本がはじまっちゃってる。
だって、ホントに本を買わされちゃってる自分がいるのだから、
本の内容への信頼度もあがるでしょう。


どの項目でも、共通に目についたのが、
“具体的な数字”で表現すると、よりリアルに伝わる
ということ。

永年にわたって→創業○年
△セットが◇円ポッキリ→△セットが○点揃って◇円ポッキリ
○○駅すぐそば→○○駅から徒歩2分
実績豊富→○件の実績があります
のこり僅か→○個限り

私は、“希少価値”“早い者勝ち”的なコトバに弱いですねぇ。
だから、セールに燃えてしまうのかしら?!
posted by 葉 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 知りたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月01日

文章の書き方

昨日に引き続き、中谷さん本のご紹介。

『短くて 説得力のある 文章の書き方
       〜右脳でスピードアップ』
 中谷彰宏/著(ダイヤモンド社)¥1,470


この本を購入したのは、
仙台市中小企業支援センター主催の、
「メールマガジン作成講座」受講中。
その時は、伝わりやすい文章を書くコツを学びたかった。

今は、7月26日の記事にも書いた
「売るためのサイト見直し」セミナーが終了して、
商品紹介の1行キャッチコピーの大切さを実感し、
改めて、読み返してた。
耳で聞いてわかる言葉。

正解なんてないから言い切る。

書くことはスポーツだ。手で考えよう。

すぐ読んでもらえない文章は、永遠に読まれない。
などなど、
一度目に読んで目にとまったキーワードと少し違っていたりした。

やっぱり本は面白い。
同じ本なのに、自分の興味で、心にのこることが違う。
だから、本って手放せなくって・・・。


書くことがスポーツならば、練習あるのみ。
中谷さんの本を参考にしながら、毎日ブログを書く。

それから、練習するときには、よいコーチのいるところで!
と思うので、えとコミの「表現力のある文章の書き方講座」に
申し込む。

講座修了後、自分の文章がどれだけ変わるのかとてもたのしみ。
ブログは過去の日記も読めるので、自分でも客観的に読み比べ
ができるでしょうしね。
posted by 葉 at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月31日

とぉ〜くの花火

部屋にさしこむ月の光がまぶしくて、ベランダへ・・・

なんとか、携帯電話のカメラで月がうまく撮れないかなぁと
試していたら、とぉ〜くで花火があがった。

とおくの花火

テレビ塔の向こうにあがる花火。

耳の奥で、ドリカムの曲がながれて、
ちょっと胸がいたくなった。

どの曲かっていうと・・・続きを読む
posted by 葉 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分転換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。