2004年07月30日

初トラックバック!!!

今朝、ブログを開いてトラックバックしてもらえていることに
気付きました!

う・れ・し・ぃ〜! ブログしてることをやっと実感!!

ブログやってると、だんだん、独り言のような気がしてきて・・・
読んでいてもらえるとやっぱり素直にうれしいです(^o^)


トラックバックしてくださったのは、
楽天広場のブログで「海外移住準備隊。」をひらかれている
キヨヒサさんという方で、現在、読書千冊を目標に、
「目的を持って本を読む」訓練中だそうです。
読書を
空手の「千本突き」のようなものです。
と例えるあたりがすてきです。
本を読んだら即身につけないととあせりがでてきたりもしている
私だったのですが、千本突ききったときに何かを得られていれば
よいのかなぁ、と肩の力がぬけたかも。


そのキヨヒサさんの7月26日の日記で、
中谷彰宏さんの「最後までやり遂げられる自分に変わる本」が
紹介されてたのを見て、私が最近読んだ中谷さんの本を紹介
します。

「君を、つらぬこう。
 人生を口説く55の方法」
 中谷彰宏/著(KKベストセラーズ)¥1,260


「最後まで〜」は、2004年6月出版の本で、
「君を、〜」は、2002年5月出版の本なのですが、
なぜ、2002年の本を今購入して読んだのかというと、
“今の私が必要だから”

私の場合、中谷さんの本は、今の自分が何に悩んでいるのかを
見つけるバロメータにしていて・・・

本屋さんにいって、中谷さんの本のところに立って、
かたっぱしから、パラパラとめくっていくと、
「そ〜そ〜」と思うことが沢山のっている本があって、

ちゃんと読みたくて買って帰った本のテーマが、
今迷っているテーマだったことが客観的に確認できちゃうわけ
です。

みなさんも、試してみてはいかがでしょうか。
その時々、気になる中谷さんの本は、違ってたりするかも。
posted by 葉 at 10:33| Comment(4) | TrackBack(1) | うれし〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメちゃんを配ってみる

昨日タクシーに乗ったら、運転手さんが飴を2つくれた。


わたし「最近、平和タクシーさんに乗ると、飴くれますよね。」

運転手「そうですか?」

わたし「いつもってわけじゃないのかもしれないけど、ここ
    2回ほど続けてもらってますよ。」

運転手「個人的にやってるんですよ。何人かに、サービスに
    飴をくばったらいいんじゃないか、って言っている
    から。」

わたし「ちょっとウレシイかも。」

運転手「うちの運転手みんなやってみればいいのに、
    効果があるのか、とか、
    本当に喜んでもらえるのか、とか、
    ゴダゴダいうヤツもいてねぇ。

    とりあえずやってみなきゃ、
    わかんないでしょうにね。」

わたし「そうですよね。
    やってみなきゃ、わかんないのにねぇ。
    ・・・
    でも、わたしも、理屈こねの人だから、
    なかなか行動にうつせないですけど・・・」


うう〜ん・・・『やってみなきゃわかんないのに』
まるで、自分にいわれているようでした(^_^;)

とりあえずやる。やってダメなら、変えてみりゃいい。
トライ&エラー


運転手さんとの会話からたくさん学べた20分間でした。
posted by 葉 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月27日

「グッドラック」の本づくり

私がブログをはじめる後押しをしてくれた本、

『Good Luck(グッド・ラック)』
アレックス・ロビラ/フェルナンド・トリアス・デ・ベス/著
田内志文/訳
(ポプラ社)¥1,000円


が日本で発売されるまでについて、
担当編集者の方が書かれた記事を見つけました。

どのジャンルで売り出すのか、
どんな装丁が向いているのか、
読む以外の仕掛け・・・

本に込められているメッセージ
「幸運は待つものではなく、自分でつくるもの」
をスタッフが共有して作り上げた想いが伝わってきます。


この記事は、「ほぼ日刊イトイ新聞」の「担当編集者は知っている。」の
コーナーにありました。


担当者が語る出版までのいきさつなどを読んで、
読みたい本がどっと増えてしまいました。
posted by 葉 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 知りたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成功者の悩み解消法

「7月18日恐れがあっても・・・」にも書きましたが、
成功者でも悩むんだなぁと、しみじみ読んだのが、
6月25日に届いた本田晃一さんのMLです。

(いろいろMLを申し込みすぎて、これを読んだのが
 今日だったので・・・約1ヶ月遅れの今日の紹介です。)

 本田晃一さんは、
   「大好きなことをしてお金持ちになる」
   本田健/著(フォレスト出版)¥1,365

 にも登場している方です。


6月25日のMLの件名は、「最高の自分になりたい」。

成功を収めた方なのに、お金を失う恐怖感から開放されるため
に、自分をリストラ(収入源なし)にして、
本当に自分の好きなことで、新規顧客で、
それ以上の収入を上げられるようになるかを試すなんて、
驚きです。

・・・その発想が思いつかない。
凡人の私は、恐れるほどの収入がないからか、
お金を失う恐怖感はわかりませんが、
お金がない恐怖感なら、収入源を増やすとか、
単価を上げるなどの方向に頭が働いちゃうでしょうね。

本田晃一さんは、実際に、自分リストラ以前の収入を
うわまわっちゃうあたりがすごい。
しかも、なにかが保証されていて始めたわけではないなんて。


MLの中で紹介されていた恐怖心への対処法は、7段階あって、
簡単にまとめると、

最悪な場面を想像

最悪な状態への対策

最高の場面を想像

最高の場面の実現方法

最悪と最高の中間の場面を想像

中間の場面と今の自分と対比

自分がどの状態でも対応できている事を確認して、
もっとも行きたい場面をもう一度リアルに想像すること

3段階目までは必ずやるように、だそうです。
たしかに、1段目だけで考えを止めてしまうから、
何もできなくなってしまうのでしょう。

私も、最高な場面→最悪な場面の順の想像グセがあるのかも。
だから、足がとまっちゃう。


人は、知らない世界を極端に恐れるそうです。
最高も、最悪も、知らない場所。
今までどおりの場所なら、知っている場所なので恐れもない。
でも、なにも変わらない場所。

いつから、恐れを感じるようになったのか・・・。
学生時代だって、就職したときだって、新しい環境に恐れが
あったはずなのに、なんとかできてた。

会社を辞めたら、好きなことがやれる状況。
それはやっぱり、知らない世界。

とりあえず、最高の自分を想像するところからはじめます。
posted by 葉 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 知りたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月26日

セミナー参加中

現在、「仙台モーカル!オンラインショッププロジェクト」主催の
「売るためのサイト見直し」セミナーに参加しています。

全2回の2回目が今週の木曜日にあるのですが、
次回までの課題が3つあって、その中の一つが本を読んで、
気付いたことを50個リストにすることでした。

その課題図書は、
「これ、知ってました?
 集客に、お金はかからないのです。」
 藤村 正宏 著(イーストプレス)¥1,365

です。

なかで語られている内容は、ナルホド〜と目からうろこの
マーケティングなのですが、物語的に解説されているので、
とてもよみやすいです。


主人公の風間クンが、中堅の広告代理店に就職したものの、
クライアント先に出向させられ・・・
一番成績の悪い店舗の店長をまかされ・・・
引き継ぎもなく、ただマニュアルとアルバイトを託され・・・

「ありえない」状態から、いかに売上をあげていったのか。


自分が接客の中で何気なくやっていたことに、こんな効果が
あったんだ、とか、今度はこんな企画をたててみようとか、
いろんなアイデアが浮かんでくる本でした。

これを活かして、自分のサイトを立ち上げるのですが、まだ、
準備中もいいとこ・・・ちょっとスピードをあげないと、ね。


セミナー講師を引き受けてくださったのは、
有限会社フューチャーワークス 廣川雄一先生

有限会社ウィンアンドウィンネットのWEB製作事業を独立。
主に、成功報酬でオンラインショップ運営、管理、コンサル
ティングを行われています。

ネットショップについて勉強して、実践したいと思っている方は、
廣川先生も込山先生もスタッフになっていらっしゃる、
えとコミ塾をごらんになってはいかがでしょうか。
posted by 葉 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月25日

キャラクタービジネス

今朝、テレビつけたら、
TBSテレビ「儲かりマンデー!!」
をやってました。

番組名にひかれるものがあるので、たまにみたりしてます。
(私が参加しているチーム名「仙台モーカル!」と同じにおい
 がする?!)

普段は、株とか国債とか投資家とか、あまり興味もなく、
なんとなーく見ているのですが、
今日は、キャラクタービジネス!!

出演者は、
小学館の久保雅一さんと飯島愛ちゃんでした。

私、ぜんぜん知らなかったのですが、久保さんという方は、
ミニ四駆やポケモンなどを手掛けた人だそうです。

企画する段階から、関連商品の売れ方まで考えているそうで、
「主役VS敵」だと、敵の商品が売れなくなってしまうけど、
「兄VS弟」にすると2つとも売れる。
キャラクターの設定にも、ちゃんと意味があるんですね。

番組の中で、司会の新藤さんが、
「人気がでるキャラクターを見分けるポイントは?」
とナイスな質問をしてくれてて、
久保さんは、20個のチェック項目のうち何個○(まる)を
つけられるかをみるそうです。

さすがに、何個○がついたらOKなのか、とか、全部のチェック
内容は教えてはくれませんでした。
少し話してくれたのは、

1.影絵でわかる
   シルエットでなんのキャラクターなのかわかる
   デザインであること。

2.音でわかる
   特徴のある音を持っていて、その音でキャラクター
   が判断できること。
   鳴き声とか、決まり文句、声優さんの声とかなので
   しょうね。

3.未完成である
   消費者がひと手間くわえられて、他の人と差別化が
   できるという意味で、完成品ではダメだそうです。
   人と違うという自慢ができると、くすぐられますよね。


それから、ヒット商品を見極めるためには、
普通な人であることが大事。
とがった感覚はいらないそうなんです。

他と差別化できるトンガッた商品と、
それを見つける普通の感覚が、
ヒットを生み出すのでしょうか。
posted by 葉 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 知りたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月23日

夏気分!

暑い日がずずずずずいーっと続いていますが、
せっかく暑い夏だから、いっそのこと、ドップリ
夏を楽しもう!

ということで、最近は、仕事中には、
ウクレレ奏者 ジェイク・シマブクロさん のCDを
かけてます(^_^)v

音楽にうとい私がジェイク・シマブクロさんを知ったのは、
よみうりテレビ「FAN」でハワイにいった企画の中で、
チューブとジェイクさんと、松任谷さん、今田さんが演奏
して、藤原のりかチャンがフラを踊ったときです。

ウクレレというと、
「あ〜あんあ、やんなっちゃった。あ〜あんあ、おどろいた」
しか思い浮かばなかった私には激震。

なんて、気持の良い音なのでしょう・・・すっかりはまって
しまいました。

音にはまっただけなので、
ハワイアン音楽(っていうのかな)よりは、
ポップスやクラシックを取り入れたジェイクさんのCDの
ほうが、心地よく感じています。


ジェイクさんがデビューしたときのグループ「ピュアハート」
というグループでもCDを出していることもみつけたので、
さっそく、昨日、アマゾンで購入。
届くのは、7月31日らしい。
なんて待ち遠しい!ワクワクの夏が続いてます。

アマゾンでのCDの紹介リンクの作り方がよくわからなくて、
ジャンル指定になってますので、ジェイクさんのCDが表示
されていなかったら、ごめんなさい。↓

posted by 葉 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分転換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月22日

キッカケ

自己啓発っていうと大げさかもしれないのですが、
私が興味を持ち始めたキッカケになった本がこれです。

「自分が輝く7つの発想
 ギブ&テイクからギブ&ギブンへ」
 佐々木かをり 著(光文社)\\520


7つの発想とは、

 ギブ&ギブンの発想(Give&Given)
   まず自分から与えることが前進するエネルギーになる。

 ウィンーウィンの発想(Win-Win)
   一緒にプラスになる人間関係が成功の秘訣である。

 アイ・アム・プラウドの発想(I am proud)
   自分を尊ぶこと。誇りをもってこそ世の中に貢献できる。

 チョイスの発想(Choice)
   人生は選択の連続。自分が選ぶという認識を持つ。

 コミュニケーションの発想(Communication)
   相手と共通の理解をしながら前に進むこと。

 リスポンスビリティーの発想(Responsibility)
   責任から対応する能力へ。

 ミッションの発想(Mission)
   生れてきた理由がある。私の役割は何なのだろうか。


私が読んだのは、1997年7月発行の
「ギブ&ギブンの発想−自分が動く、世界が変わる」
というハードカバーのほうです。

発売された当時、私は親元を離れてはるか遠い?!
神奈川で会社員をしていたのです。
近くには周りに腹を割ってはなせるような友達もあまり
おらず、休日は結構ヒマしてたんです。

平日は残業、土日のどちらかは休日出勤になってしまうような
部署にいたこともあって、急に2日間とも休みになると、
空いた時間に何をしたらよいのか時間の使い方もわからず、
掃除・洗濯だけだと時間があまっちゃって、
図書館にいってたんですよね。

普段はわりと、小説を読んで現実逃避するのがお気に入り
だったのですが、なぜか、新刊コーナーにおいてあった
この本には魅かれたんです。

ギブ&ギブンというコトバがイメージさせる人間関係に
あこがれたのかもしれません。

最近、なぜだかフトこの本を思い出して、無性に読んでみたく
なって、本屋で探していたのですが、なかなかないんですよね。
考えてみたらアマゾンがあるではないか!

で、手に入れました。
題名は少しかわって、文庫本になってました。
さっそく読み返して、1997年に感じたことに思いをはせながら
今は何を見つけるのか楽しみです。

この本を読んでからもう、7年もたってしまったのですね。
会社を辞めてからも、ちょうど昨日で丸3年です。
このタイミングで、またこの本を手にとっているのも、
なにか素敵な必然性を感じます。

実際、自己啓発のキッカケになったといっても、このあと、
劇的に何かを始めたわけではないのですが、少しずつ、
いろいろなことに興味を持ってるようになりました。
posted by 葉 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の性格・・・

新・動物占いってご存知でしたか。

生年月日と性別を入力するだけで、120種類の性格に
分類してもらえるのです。

私は・・・
『マイウェイなゾウ』だそうです。
一部省いてますが、だいたい、こんなかんじ↓

時折尊大ではありますが、気がいいため
周囲の人間もバックアップしてくれ、成功
へと導いてくれます。

又、他人の考え方や時代の流れに敏感に
反応する勘の良さも持っています。

難点を言えば、慎重のあまり、石橋を叩き
すぎて、渡るチャンスを逃がしてしまった
りすることです。

日頃から、着実に成果を上げ、来るべき
大きなチャンスに向かって準備していて
も、過剰な気遣いで転機を逃してしまう
ことがあることを知りましょう。

また、アドバイスを分かり切ったことだと
思い、人の意見を聞かないところも問題です。

ムムムムム。
最近悩んでいた自分の考えグセがあてられてる。

時折、尊大・・・やっぱなぁ。自分で何様だ、オイって
思うことあったもんなぁ。

石橋を叩きすぎて、渡るチャンスを逃がしてしまうのって、
このブログをたちあげてから、ブツクサいっていたコメント
のまんまだし。

そーそー、人の意見を聞いているようで、
たてついてたりすることあった・・・(-_-;)

このほかにも、本質や恋愛についての占い等も出てきます。
自分の気付きたくない?欠点や気がつかなかった長所を見直す
よいキッカケになるかもしれません。
よかったら、試してみてくださいね。


<おまけ>
こんな占いもあるのですよ。
お笑い芸人占い

ちなみに、私は、「さまぁ〜ず三村」でした。
なんか、ビミョー(^_^;)
平和主義者で合理主義者だそうです。
それは、そうかも?!
posted by 葉 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 見つけたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月21日

美人の時間術!?

バタバタとして、いつも時間が足らなくなる私。
書店でみて・・・

 「美人の時間術
 〜美しく生きる55の具体例〜」
 中谷彰宏 著(全日出版)


美人っていう種族は、どんな時間の使い方なの?
興味シンシン!
もちろん、即買いしました。ハイ。

内容は、みなさんの予測どおり?見目麗しい人専用の本
というわけではなく、時間美人になりたい人向けです。

中谷さんの本は、わかりやすく、ピリッとしているので、
よく購入するのですが、今の私にはこれが必要だったのよぅ、
と思わせてくれる本でした。


チャンスは、
準備が整わないうちに、
やって来る。
勉強して準備が整ってから・・・という逃げ道は、
不安を隠しやすいし、逃げ込みやすい。
どれだけ、先延ばしにしてしまったことがあったか。
しながら勉強する!

ヒマになると、否定的になる。
確かに!
悩んでるときって、手が止まっています。



以前、(有)ウィンアンドウィンネットの込山民子先生を招いて、
「最新!儲かるオンラインショップの行動原則」
というセミナーを、仙台モーカル!オンラインプロジェクトのメンバーでひらきました。

その時、心にズーンと届いたのが、大きく2つありました。
(詳しくいうともっとあるんですけどね。)

ひとつは、トラブルが起きたときの対処法。
とりあえず、
「それはちょうどいい!」
と口に出して言えというのです。

口に出して言った後、そのトラブルがいい方向になるような
行動には何があるのかを考えて、実行しようということなの
です。

たとえば・・・
“停電で、パソコンが使えない!”
ちょうどいいなんてとっても言っていられないところですが、
ここで、「それはちょうどいい!」と言い放ち、
この機会に停電対策を考えておこうとか、
この機会に棚卸そしておこうとか・・・。

まず、口に出すのが大事なのですね。
「できない」等の否定的なコトバを口にすると、
できない理由がわんさか押し寄せる(-_-;)

肯定的なコトバを使うと、思考も肯定的になるのですね。

それから、込山先生は、忙しいというコトバも使わない
そうです。
では、なんと言うか・・・「バタバタしている」だそうです。
みなさんも、言い替えてみてくださいね。


ふたつめは、悩むということについて。
悩みは、“こうしたい自分”と“こうあらねばならない自分”
が綱引き状態になっているということ。

“こうあらねばならない自分”を義務感から選んだところで、
“こうしたい自分”が満たされることはなく、したかったことを
想像しながら後悔するのではないか。

ならば、悩むことなく“こうしたい自分”を選べはいいじゃ
ないか!

納得!
人生は選択の連続。どちらを選んでも選ばなかったほうの
その後を想像することはあるでしょうが、後悔がないという
ことが大切なのでしょう。

一度きりの人生、何を選ぶかは自分次第。
posted by 葉 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 時間管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。